私は「Sid Lightman」の日記を終りました。
残念ですね~
何を書くことがわからないよ
じゃ、また。。